Weblog

薪ストーブで焼き芋 11.27

昨日は学芸出版社での丸山弾さんとの楽しい対談を終え、

今日は設計した双の舎で薪ストーブでの焼き芋に招いてもらいました。

まずは薪割りからスタート!子どもはなぜか石割りもしてました。

それにしても訪れるたびに増える薪棚。

 

薪割りに必死で焼き芋を撮影することを忘れいました…。

そういえば、昨晩の丸山弾さんとの飲み会写真は撮影しましたが、

対談風景の撮影を忘れていました…。大事な時ってつい撮影を忘れてしまいますね。

 

とても有意義な週末でした!

 

[Roasted sweet potato on the wood stove]

Yesterday, after a fun conversation with  architect Dan Maruyama at Gakugei Publishing,

Today, I was invited to a baked sweet potato with a wood stove at the designed Sou House.

Start by chopping firewood! For some reason, the children were also breaking stones.

Even so, the firewood shelf increases every time I visit.

 

I forgot to take a picture of the baked sweet potato because I was desperate to chop firewood.

Come to think of it, I took a picture of the drinking party with Dan Maruyama last night,

I forgot to take a picture of the conversation scene... When it's important, you forget to take pictures.

 

It was a very productive weekend!

薪棚その1

薪棚その2・薪棚その3

半海、薪割り中

子どもは石割り中。きれいに並べられいました。アートです。

薪ストーブで焼き芋

木造住宅を設計する 10.21

いつも建築のことばかり考えてしまう。

物事を考えるときの基準が建築で、なんでも結びつけてしまう。

 

そんな建築バカなのですが、

11月26日(土)16:00から学芸出版社にて丸山弾さんと

木造住宅の設計について対談することになりました。

 

建築就活夜話ということで、

若手で設計を志している人や学生などを対象に、

私たちの設計について話をします。

対面には座席数に限りがありますので、早めに申し込みして下さい!

2部も面白いことになる予感がします…

 

申し込みはこちら↓(学芸出版社)

丸山弾×半海宏一 建築就活夜話「木造住宅を設計する──日々のエスキス・図面・現場」

https://book.gakugei-pub.co.jp/genba-zumen-221126/

Night Live#3 10.21

10月28日(金)ジャズピアニストの中村葉子さんのLabにお誘いいただき、

「身近にある音楽と建築楽」についてと対談することになりました。

音楽と建築での対談は初めてなので本当に未知の領域です。

ものすごくワクワクしています。

写真撮影 10.15

先日、春に竣工した「東中振の家」に行ってきました。

いつも半年、1年以上経過した後で撮影しますが、

仕事のタイミングや遠方の現場では竣工時に撮影することもあります。

植栽の成長や季節で遅れることもあるので、正直ばらばらです。

個人的には生活されてる様子を見ながら、ゆっくり撮影するのが好きです。

 

 

ということで、HPにもアップしました!

東中振り家

 

[Photo shoot]

The other day, I went to take pictures at the House in Higashinakaburi, which was completed in the spring.

I usually shoot after half a year or more than a year,

Sometimes I shoot at the timing of work or at a distant site when construction is completed.

It may be delayed due to the growth of plants and the season, so honestly, it is scattered.

Personally, I like to take pictures slowly while watching how family live.

 

So I uploaded it to the HP too!

 

いつもここから猫を眺めています

家具納品 9.4

少し前になりますが、追加設計した家具を確認しにSeisへ。

訪れるたびにセレクトされたものが並び、空間を彩ってくれます。

オーナーのセンスが素晴らしいです。

ギャラリーとしても使えるように浅い棚を考えました。

どのように使われるのか楽しみです。

 

[Furniture delivery]

A little while ago, I went to Seis other day.Because I designed additional furniture.

Each time I visit the selected items will line up to decorate the space.

The owner's sense is wonderful.

I thought of a shallow shelf so that it could also be used as a gallery.

I am looking forward it.

図解・木造住宅の設計を出版 8.14

5年前に竣工した住宅が1冊の本になりました!

建主さんの協力で木造住宅のなりたちと空間を図解しています。

設計の際に考えていることや現場の様子、

木造住宅を設計する時の考え方などを書いています。

8月25日発売です!

 

『現場と図面をつなぐ 図解 木造住宅の設計』

学芸出版社

AMAZONでも取り扱っています!

 

[Publication of a wooden house design]

The fresidential building completed five years ago has become a book!

In this book, with the cooperation of the owner, we explain the origin, space, and real life of wooden houses with illustrations. What we are thinking about when designing, the situation at the site, etc.

I write about what I think about the design, construction situation, and the design of the wooden house.

It will be released on August 25th!



外構工事終了! 7.23

少し前になりますが、枚方の外構工事が終わりました。

あらためて、公園側へ張り出した住宅を観察。

コンクリートスラブに格納される車が愛らしいです。

暑くなる前に前庭、中庭、奥庭も完成したので一安心です。

 

[Exterior work was completed]

A little while ago, the exterior work was completed.

Observe the house overhanging to the park side again.

The car stored in the concrete slab is adorable.

The front garden, court garden and back garden were completed before it became hot summer, so I can rest assured.

 

Música Grulla Live! 6.13

弊社で設計した「Seis -Cinema cafe-」で、

今週末、ヴィブラフォン、マリンバ奏者の藤田正嘉さんのLiveがあります。

音楽と映像そして建築空間の融合が楽しみです。

まだチケットがあるので興味のある方は是非、空間体験して下さい。

私も見に行きます!

 

6月18日(土)Open 14:30 Start 15:00

Seis

https://cinegrulla.com/#music

Masayoshi Fujita

https://masayoshifujita.com/video/

 

[Música Grulla Live!]

At "Seis -Cinema cafe-" designed by us,

There will be a live performance by vibraphone and marimba player Masayoshi Fujita this weekend.

I'm looking forward to the fusion of music, video and architectural space.

There are still tickets, so if you are interested, please experience the space.

I will go see it too!

Photo©︎Seis

香の家 撮影 6.11

香の家の撮影に行ってきました!

と言ってもだいぶ前の話で、写真がようやく整理できました。

話をいただいたのは2年半前、立派な母家の隣に並ぶ住宅ということで、

将来的にも母家と一緒に使うことを想定して、小屋のイメージで設計しました。

 

風景に対して趣のある母家と小屋。

拡大家族でもそれぞれが自立した住環境について、

楽しく関わらせていただきました。

 

[Scent hut]

I went to  the Scent hut for photograph.

But it was a long time ago. At last I organized photograph.

I was told about this project two and a half years ago.

There is a main house next door that It will assuming to use together.My image is hut.

 

There are tasteful a main house and a hut as landscape.

I enjoyed being involved in the independent living environment of each of the extended families.

表層と深層 6.4

暮らしと結びついた美しい風景。

全体をぐるりと歩いてみて気がついたことは、

この形状で仕事をすることの大変さ。

効率的だと思っていた棚田はかなりの重労働なのでは。

そこまで含めて”美しい風景”だと思っている人はどれくらいいるのか。

と考えてしまう、今日この頃です。

 

 

[Surface and deep layers]

Beautiful scenery connected to daily life.

I noticed when I walked around it that It's hard to work with this ground.

I thought the rice terraces were efficient, but probably it was a lot of hard work.

How many people think that it's a "beautiful landscape" including that?

I was thinking about that today.

双の舎、造園工事! 5.27

ついに!2年前に竣工した双の舎の建主さんから、

造園工事が始まった!と連絡がありました。

 

建主さんは、グラフィックデザインも、

ランドスケープデザイナも手がけられます。多才です。

さて、どんな庭になるのか楽しみです。

 

[Sou house landscaping work]

Finally!The client contacted me that the landscaping work had begun.

He is graphic designer also landscape designer.versatile!

I'm looking forward to complete it.

 

Photo by client.

事務所 5.13

独立して8年。最初の2年間は自宅事務所、

その後、約6年間この事務所でお世話になりました。

街の楽しさも味わいつつも、

ゆっくり設計できる場所を求め、次なる事務所を計画中。

自分のこととなるとなかなか進まず、、、いつになることやら。

当面の間、初心にかえって自宅事務所になります!!

 

[My office]

It has been eight years since the office was established.

Home office for the first 2 years.

So I have been indebted to this office for 6 years.

I enjoyed the fun of the city.

But we are planning the next office in search of a place where we can design slowly.

When it comes to myself, it's hard to design.

For the time being, it will return to the beginning, home office!!

天才肌の造園家 5.3

連休前に住宅の引渡しが終わりましたが、

庭工事はもう少し続きます。

現場では造園家が我が家の庭のように施工されています。

建主さんからは”天才肌の岩村さん”と呼ばれ、

俄然、気合が入っているようです。

 

[The genius landscape architect ]

The house was finished before the GW,

Garden work will continue a little longer.

At the site, the landscape architect make like own garden.

Called "Genius-skinned Iwamura" by the owner,

Suddenly, it seems that he is enthusiastic.

引渡し後、公園から撮影

砕石で植栽下に排水ルートを計画中

中庭の足元も完成

シンボルツリー 4.20

工事も終盤、4月中旬から造園工事が始まりました。

中庭にはアオダモを植えます。

ヒョロっとした枝ぶりもイメージ通り。

裏庭は、、、なかなかの急斜面。

難工事になりますが、よろしくお願いします!

 

[Symbol tree]

Construction is also in the final stages.

Plant ash tree in the courtyard.

The narrow branches are exactly what I imagined.

The Back garden is steep slope.

It will be a difficult work,  I hope good job.

アオダモの株立ち

裏庭のモチノキ、アラカシ、ヒイラギ

板金ライン 3.6

板金工事も終盤、屋根、窓廻り、くるりときれいに巻かれています。

パシッとラインが出ると気持ちいい!

軒裏も綺麗な材料です。

 

[Sheet metal line 3.6]

The sheet metal work is also neatly wrapped around the roof, windows, and around the final stage.

It feels good when the line !

The back of the eaves is also a beautiful material.

ロングジョグ 2.13

昨日は月に一度のロングジョグ。

来月のレースは開催されるのか??と、思いつつも追い込み練習。

まずは、来週の締切に向けてデスクワーク!

 

[Long jogging]

I did a long jogging for once a month yesterday.

Is there a race next month?While thinking about that, I did training hard.

Well then I will work for the deadline next week.

内部空間の骨格 1.30

気がつけば1月も終わり。

現場では内部空間がわかるようになってきました。

今回使用する床材も現場に納品されてます。

床はバーチ材です。事前に見せてもらったものよりきれいで一安心。

 

[Skeleton of interior space]

If you notice, January is over.

At the site, we have come to understand the interior space.

The floor wood was also arrived to the site.

The flooring is Birch. I relieved that It's cleaner than showed me in advance.

ダイニングから中庭をみる

バーチ材:やさしい色と杢目

年末の金物検査 12.27

年末最後の現場は金物検査。

構造事務所と一緒に全ての金物を確認します。

一枚一枚丁寧に加工して施工してくれています。

 

現場も27日が仕事納めということで事務所も同じく27日まで。

年明けは春の竣工を目指して、忙しくなりそうです。

職人の皆さんもゆっくり年末年始をお過ごし下さい。

よいお年を!

 

[Year-end hardware inspection]

The last site at the end of the year is a hardware inspection.

I check all hardware with the structural officer together.

Each piece is carefully processed and built.

 

The work will be completed on the 27th at the site,

so the office will be open until the 27th.

We will be busy from the beginning of the year,

aiming for completion in spring.

The craftsmen please spend the year-end New Year holidays slowly.

Have a great holiday!

 

 

太陽の塔 12.26

先日、久しぶりに太陽の塔へ行ってきました。

この圧倒的な存在感、そして逞しい背中。

飛んでいくのか?それとも着地したのか?

なんとも言えない不思議な存在。

見てるだけで、たっぷりエネルギーをもらいました!

年末まで頑張るぞ!

 

[Tower of the Sun]

I went to the Tower of the Sun for the first time in a long time.

It has an overwhelming presence and a strong back.

Will it fly? Or did it land? A mysterious existence.

I got a lot of energy just by looking at it!

I'll do my best until the end of the year!

ダブルキャンティレバー 11.28

大阪で住宅が上棟しました。

高低差のある敷地形状を活かしたスキップフロアの住宅で、

今回はダブルキャンティレバーの構造です。

大工さんこれからよろしくお願いします!!

 

[Double cantilever]

The new house structure was built in Osaka.

It is a skip floor house that takes advantage of the site shape with height difference, 

and this time it has a double cantilever structure.Thanks to the carpenters!!

水平と垂直 10.31

2年前の夏から進めていた、店舗併用住宅のプロジェクトが終わりました。

今回は大通り沿いに今も残る、職住一体の2F建のボリュームと、

高層化される建物の宿命に対して、この地にあるべき姿を模索しました。

1Fにはとても美味しい洋菓子店がオープンします。楽しみです!

 

[Horizontal and vertical]

I finished store combined housing project the other day.

It started in the summer two years ago.

We sought out what it should be like for the volume of the 2nd floor housing,

which still remains along the main street, and the fate of high-rise buildings.

A delicious pastry shop will open on the 1st floor. I'm looking forward to it!

心地よい場所 9.12

三女すずと生活して9ヶ月。

猫は心地よい場所をよく知っている。とは、ある建築家の言葉。

気候に合わせるように、場所をコロコロかえる。

この夏は椅子をとられることが多かったな。

 

[Comfortable place]

It's been 9 months since I lived with Suzu.

She knows a comfortable place. Is the word of an architect.

She's change the location according to the climate.

In this summer, my chair taken up by her.

内観模型 8.22

大阪で進めている住宅の内観模型。

Amazon段ボール、スノーマット、ボール紙でアルバイトのU君が製作。

かれこれ3年アルバイトに来ているので手際が良い。

最後にPhotoshopで樹木と小物を入れて完成。

U君が最初の頃に作ったパースを思い出すと、、、格段に成長している。

 

[Interior model]

This interior model is new project in Osaka.

U of part-time job created it by Amazon cardboard, snow matte paper, paperboard. 

He has three years for my office so he's nice job.

Finally, add a tree and accessories in Photoshop to complete. 

When I remember it that U made at beginning, it has grown dramatically.

初めてのフレーム工法 8.15

先月の話ですが、、、

香川県で建設会社と共同設計している住宅が上棟しました。

今回は初めて試みるフレーム工法です。

立派な瓦屋根の母屋の横に小屋のような住宅が建ちます。

2棟が共存できる風景が楽しみ!

 

[First time frame construction method]

Last month's, We finished completion of framework.

I am designing a house with a construction company in Kagawa Prefecture and challenging first time frame construction method.

A house like a hut will be built next to the main house has tiled roof.

I am looking forward to the scenery where the two buildings can coexist.

型枠と躯体 6.19

少し前の写真になりますが・・・

丁寧に施行された型枠から、躯体が姿を現しました。

写真は1Fの店舗空間。

 

これから下地、仕上工事へと進みますが、

隠れる前にきれいな躯体を撮影。

 

[Formwork and Concrete]

There are photos from while ago,

the concrete had appeared by the polite formwork.

First photo is the pastry shop space.

From now on, we will proceed to the groundwork and finishing work.

I take a photo of a beautiful concrete before hiding.

 

Y-Chair 4.17

春休みにインターンに来ていたYさんが制作した模型。

毎日コツコツと作業をして、気が付いた時にはYチェアが!!

ちなみに、Yチェアつくった人は初めて。

ダンボールとボール紙でよく頑張りました!

もうすぐ現場がはじまります。

 

This model was made by a internship student.

She work hard every day, and she made a Y-Chair.

By the way, It is the first person to make this in my office.

She did best with cardboards!

 

It will start soon....

カタチ 3.13

 

大学でお世話になっている小暮先生が、

部屋の隅から出てきたジャケットを見せてくれた。

 

昔はジャケットを見てたら頭の中で音楽が流れましたが、

今はモノのカタチが無くなり、寂しいですね、、、

なんて会話しながら、コルトレーン談義。

 

建築はカタチがあるからいいね!と言われ、

ハイ、プレゼント!と「A Love Supreme」をもらった。

建築はカタチがあるか、、、、

むしろカタチがあって中身が無くなってきている気もするが。

 

今日はコルトレーンを聴きながら図面を描いてます。

ジャケット横に置いて、音楽聴くのってやっぱり好きだな。

 

[A form]

From Mr. Kogure, who is indebted to me at the university,

he showed me the jacket that came out of the corner in the room.

 

In the old days, when I saw the jacket, music played in my head,

Now that the have not form of things, I'm lonely ...

Then we talked about Coltrane.

 

He said architecture is good because architecture has a form.

Present for you! I received "Supreme Love".

Architecture has a form...

Rather, it has a form and I feel that the contents are disappearing.

 

Today I'm drawing while listening to Coltrane.

I like listening to music by putting it next to the jacket.

ぱんておん 2.14

彼女は一日中寝てます。

今日は、ちぐらの”ぱんておん”。

そして、ここから出てくると”ご飯!”と騒ぎます。

 

妻が猫になりたいと言ってます。

その気持ちがわかります。笑

 

[Pantheon]

She sleeps all day.

Today is chigura "Pamtheon."

And when you get out of here, you make a noise with "feed!"

 

My wife say wants to be a cat.

I think so too.

HOTEL ROOM PLANS 1.30

同志である政木先生から、

著書『HOTEL ROOM PLANS vol.1』が届きました!

 

いつも宿泊されるたびに実測図をみせてくれて、

客室プランについて語られていた内容がまとまってます。

 

国内のビジネスホテルから海外のリゾートホテルまで、

分け隔てなく紹介されているのがいいところです!

寸法がしっかりかかれているので、

住宅設計でも寝室や落ち着く空間を考えるのに参考になります。

この柔らかなマサキスケッチがうらやましい!

 

『HOTEL ROOM PLANS vol.1』

著:政木晢也

 

I received a gift from Masaki of comrades.

It's a his book "HOTEL ROOM PLANS vol.1".

 

Every time he stayed, he showed me the actual measured drawing.

This book has contents that he talked about measured drawing.

 

He introduced domestic business hotels and overseas resort hotels without distinction.

Because the dimension are well drawn even in housing design,

it will be helpful to think about bedrooms and calm spaces.

I like soft Masaki sketch!

新年のご挨拶 1.11

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

新年をむかえて、あっという間に数日が過ぎました。

昨年の秋から事務所にも新メンバー”Stephen”が加わりましたが、

我が家も今日から新メンバー"すず”が加わりました。

2021年、楽しみな一年のスタートです!

 

[New year greetings 1.11]

New year's greetings.

A few days have passed since the new year.

In my office has new staff Stephen since last autumn.

Then today my family has increased. Her name is Suzu.

This year is going to be a fun!

双の舎 12.27

「双の舎」をPortfolioにアップしました。

はじめて敷地を訪れたのが2017年11月、竣工したのが今年の春なので約2年半。

住宅と仕事場をひとつの大屋根でつなぎ、この場所でゆっくりと暮らしていく。

デザイナー夫婦にとってどちらも大切な空間。

今回はふたつがそろう建築を考えました。

 

[Sou House 12.27]

The first time I visited to here in Nov 2017.

A completed was this spring so about two and a half years have passed.

The big roof covered for the house and the office, They will live slowly in this place.

Both place are important to designers couples.

In this time, I thought life and work connect to architecture.

2017年11月

2020年12月

グリコパイナップルチョコレート 12.12

一週間前になりますが、

義母の還暦祝いで淡路夢舞台へ。

車で行ける距離、ゆっくり過ごせる場所ということで、

妻の兄妹と計画。

天候にも恵まれ、久しぶりにのんびり過ごせました。

 

淡路は美味しい食材が多く、行き先々で購入。

とくに藻塩!これは知らなかった。

 

さて、安藤さんの建築を散策。

この階段をみたら開催せずにいられません。

子ども時代の伝統的な遊びといえば、、、

グリコパイナップルチョコレート。

打倒娘!ということでいざ勝負。

人生の先輩として、もちろん面目を保ちました。

我が家は勝負ごとはすべてガチです。

それにしても、子どもから大人まで楽しめるのはいい空間です。

 

[Rock-paper-scissors game at grand stairs 12.12]

I went to Awaji Yumebutai for mother-in-law who is celebrating her 60th birthday.

We planned a place to spend time in the suburbs of Kyoto with my wife's brother and sister.

It was sunny and I was able to spend a leisurely time after a long time.

 

Awaji has delicious foodstuff , I bought it wherever you go.

I didn't know Moshio.(algae salt)

 

Well then we stroll Tadao Ando's architecture.

I saw this stairs that  make you want to enjoy.

Speaking of children's traditional play is...

Rock-paper-scissors game.Overthrow my daughter!

I kept my father's face.

My family is always  a serious game.

It's nice space that everyone from children to adults can enjoy.

 

延末の家 12.3

「延末の家」をPortfolioにアップしました。

33坪の小さな家にたくさんの場所をつくりました。

動きまわれて、留まれる、そんな住宅です。

 

延末の家

https://www.hankaikoichi.com/portfolio/%E5%BB%B6%E6%9C%AB%E3%81%AE%E5%AE%B6/

 

 

[House in Nobusue 12.3]

House in Nobusue has been uploaded to Portfolio.

I made a lot of places in small house of 110.34㎡.

It's such a house that you can moves around and sit down.

 

火入式 11.29

週末、延末の家が竣工しました。

最後は憩暖さんによる暖炉の取り扱い説明です。

火のつけ方、空気の流れ、開口の調整など、

ひとつひとつ丁寧に教えてもらいました。

 

さて、火入れ。

 

いつも思いますが、家に命を吹き込むような感じです。

三角形の暖炉でしたが、よく燃えています。

背後にいる大人5、6人で大興奮。

やっぱり火はいいですね!

 

[Fire entering ceremony 11.29]

We completed House in Nobusue on weekend.

Fireplace shop Keidan explain using fireplace last.

He taught how to light a fire, the flow of air, adjusting the opening.

 

Then fire entering ceremony.

 

I always think, I seems to bring to life a house.

This fireplace is triangle, but It's burning well.

5 or 6 adults behind are excited.

Fire is great!

極楽浄土 11.10

少し前になりますが、

浄瑠璃寺へ行ってきました。

 

極楽世界をめぐり、本堂を眺める。

極楽なのになんて簡素な佇まい。

日常で慣れ親しんだ植栽から森へ向かうような庭園。

圧倒される屋根の美しさ。

 

この時代はどんな風景が広がっていたのか、、

そんなことを考えながらぐるぐる廻りました。

 

[Gokuraku jodo 11.10]

A few days ago, I went to Joruri-ji (Temple).

I look at main hall from go around the "Gokuraku jodo".

It's simple appearance that even though it's paradise. 

The landscape moves from a familiar garden to a forest-like garden.

And best of all, It has beautiful loof overwhelmed.

 

What kind of scenery was spreading in this era.

While thinking about that when I walked around a garden.

場所選び 10.11

今年はコロナの影響もあり、

弾丸キャンプに行くことが多かった。

どこで1日を過ごすのか??

いつも場所探しが楽しみなのだ。

 

実は建築的な話で、

テントを張る場所は他との距離感を考える、

そこから何がみえるのか、、、太陽の位置など、

設計の基本がたくさんつまっている。

職業柄、心地よい場所を見つけることには自信がある。

 

今回は荷下ろしの間に、

妻に場所探しをしてもらった。

「ここでいいやろ??」とズバリの場所を選んでいた。

 

一緒に設計をしているので、似てきたのか、

考えが読まれているのか、、、

悔しいけど、いい場所を選んでくれた。

 

久しぶりにのんびりできた一日でした。

先週の出来事ですが。

 

先週は琵琶湖でデイキャンプ

丹下さん、うどん、仕事 10.3

事務所の設計として初の四国、そして香川。

先日、2週連続でいってきました。

 

香川といえば、、、やはり丹下さん!

ということで久しぶりに県庁を拝みにいきました。

やっぱり圧巻です、日本建築だな〜とパシャ。

県立体育館も近くにあったはず!

丹下建築には力強さと繊細さを感じます。

 

さて、次はうどんで腹ごしらえ。

やっぱり美味い!!!

(お腹が空きすぎて写真忘れる)

 

では、本題!設計のお仕事!!

この前竣工した姫路もすごく気持ちのいい敷地でしたが、

こちらも心地よい時間が流れています。

 

香川っていい場所だな〜

 

香川県庁舎

香川県立体育館

敷地

延末の家も終盤! 9.6

延末の家も仕上工事へ!

内部では壁が塗り終わり、

少しずつ建具や家具が入っています。

そして、暖炉の煙突工事も無事終了。

今回も暖炉は憩暖さん。

猛暑日の中、しっかり施工してくれました。

贈り物 2 8.26

なにやら郵便受けに本??

コロナで読書三昧なので、

子どもから「もう本買いすぎ!」と怒られる日々。

今週は届くものはなかったような、、、

 

しかし、エクスナレッジの封筒でピンときました!

中身は「美しい住まいのしつらえ」

丸山さんから贈り物でした!

 

居心地の良い空間をしつらえる、

かゆいところに手がとどく本です。

若い人にも是非読んでもらいたい内容ですね。

 

丸山さん、ありがとうございます!

 

「美しい住まいのしつらえ」

著  :丸山 弾

出版社:株式会社エクスナレッジ

贈り物 8.22

実施図面を描き終え、見積提出してきました。

直前に構造設計とやりとりしていると、

構造と空間がさらにブラッシュアップ。

お休み前後に構造も巻き込んでしまいましたが、

とても楽しみな空間になりました。

 

”最後まで力を尽くす”

 

学生時代や修行時代に教わったこと。

 

提出後は覚えていないくらい爆睡しました。

 

 

目覚めるとなにやら贈り物が、、、

「NIWA HOUSE」?

なんと、師匠の第2弾の作品集が届いていました。

 

実施図面提出 → 爆睡 → 起床 → 贈り物

横内先生のタイミングの良さに驚きました。

 

2014年からの作品集なので、

独立間際に手伝っていた住宅もちらほら。

ゆっくりと楽しませてもらいます。

 

「NIWA HOUSE」

Houses Designed by TOSHIHITO YOKOUCHI 

横内敏人の住宅 2014-2019

学芸出版社

ぶらり散歩 8.14

先日、春に竣工した姫路の住宅に行って来ました。

「のどかだな〜」と、ひとりで周辺散策。

道端で溝を覗きこみカエルの話をする小学生、

その横でメダカを懐かしく眺めるおじさん。(私)

もちろん、ソーシャルディスタンス。

 

水田を挟んで、

設計した住宅の向こう側は古い瓦屋根の住宅が残り、

こちら側にはビルダーの新興住宅が並ぶ。

今後この地域はどうなるのか。

 

水平に広がる水田に水平な屋根と開口部で答えたい。

そんなことを考えながら設計しました。

過去と未来をつなぐような、点になれたらいいな。

 

ぶらり散歩から戻ると、、、

建主さんが冷たいアクエリをくれました。

ふと、子ども時代の夏休みを思い出しました。

もうすぐ夏も終わりですねー。

水田から新興住宅地側をみる。

畑と住宅

ようやく外壁完了! 8.8

梅雨が明け、延末の家の外壁工事が完了!

外壁仕上げ直前に梅雨入りし、

仕上げられないまま気がつけば8月。。。

今回は柱間に断熱する充填断熱に加え、

外張断熱のダブル断熱です。

最近の猛暑を考えると、

スタンダードとして考えるべきですね。

 

お盆明けからは内部の仕上げ工事!

限られた床面積の中に、土間、吹き抜け、

和室と盛りだくさんの住宅です。

AWRAD 8.1

少し前のことになりますが、

イギリスの「Asia Pacific international Property Awards 2019-2020 」にて、

SeisがPublic Service Architecture部門でAWRADをいただきました!

 

アジア太平洋地域の公共建築として海外から評価してもらえました。

国際コンクールで賞をもらうのは初めてです。

  

9月にタイのバンコクで授賞式の予定でしたが、、、

中止になりました。非常に残念ですが、この状況だと仕方ないですね。


打合せ後の寄り道 7.8

先週の日曜日、新しい住宅打合せの帰りに、

寄り道して奈良にある「レストラン囀」へ。

 

駐車場からテクテクと歩くと、

おっ!緑のアプローチ!

”囀”の名のとおり、のどかな雰囲気に癒されます。

歩いていくと住宅のような建築がみえてきました。

 

ひと仕事終えてお腹はペ〜コペコ、

器を楽しみながら出てくる料理をペロリとたいらげる。

コースに加えて、アラカルトまで注文。。。

大満足な1日でした。

レストラン囀

手作り豆腐

大和牛のステーキ

ヤマ、ヤマ 6.30

ヤマ!といっても現場の山場ではなく、山です。

 

2週にわたって週末遊びにいってきました。

まず先週は大学時代の友人フルさんとラントレで大文字山へ。

蹴上からのトレランコースは初トライ

なんだかんだ17キロ走ったのでバキバキの筋肉痛。

 

そして、一昨日は家族だけで大森リゾートキャンプ場へ。

日帰りBBQのみでしたが、1日ゆっくり過ごせました。

 

緊急事態宣言は解除されましたが、

やっぱりまだ人混みは避けたいですよね。

山は周りとも程よく距離感が保てるし安心です。

山をかけあがるフルさん

なんだかんだで初の大文字

大森リゾートキャンプ場

下地 6.20

延末の家は内外部ともに下地の工事が進んでいます。

内部下地はホルムアルデヒドを吸収分解する、

ハイクリーンボード、外部は外断熱工法。

これだけ包まれれば効果抜群ですね!

 

下地はその名のとおり隠れてしまう部分。

見えない部分こそ丁寧に、慎重に。

 

「下地の手間を怠るとダメ。これでもかというほど時間をかける」

若い頃に左官屋さんに言われたことを思い出した。

 

設計にもあてはまるし、あらゆることに通ずる言葉かもしれない。

 

 

走歴1年。 5.31

令和になって何かはじめようと、走ること1年!

走歴1年になりました。

 

昨年は6月リレーマラソン、10月花背トレイルラン、

11月丹波ロードレース、2月高山ダム駅伝に参加。

その後はご存知の通り、中止の連続です。

人参をぶら下げながら定期的に参加しましたが、

シティマラソンには惹かれず山や川ばかり。

 

1年やってみての感想。

脚の筋肉がうっすら蘇ってきた。なつかしい感覚。

腕を振るから肩甲骨が柔らかく、肩こり解消。

水がこんなに美味しいということを思い出した。

 

 

もちろん、おっさんは早く走れません。。。

桜がもうすぐかな、菜の花きれいだな、

あ、虫が鳴き出した。風景を眺めゆっくりと走る。

中高時代とは違った感覚です。

 

昔から音楽を聴いて走る習慣がなく、

自分の吐く息と足音、風だけ。

何も考えず、ひたすら走るのが好きです。

 

 

先日、散歩でよさそうなルートを発見!

RUN2年目スタートです。

設計検査終了! 5.23

初めて敷地を訪れたのが2017年11月、、、

あしかけ2年半!姫路の住宅が竣工しました。

(設計依頼の話はもっと前からだった??)

 

半日かけて竣工検査をしてきました。

少し補修もありますが、いよいよ引渡しです!

グラフィックデザイナー夫婦ということもあって、

設計としても新しい視点を見つけることができ、

勉強させてもらった住宅です。

 

現場が終わるのはとーっても寂しいのですが、

新しい生活がはじまるのは嬉しいことですね!

 

設計監理の度に建主のお父さんからいただいた、

採れたて野菜が恋しくなりそうです。本当に。

あぁ、キヌサヤ。。。

 

 

西新林の家 5.17

西新林の家」をHPにアップしました。

方形屋根につつまれた小さな住宅です。

高齢の夫婦がゆっくりと過ごすことができ、

家中グルグルと動きまわれる空間になっています。

 

手前のバス停から里山が見える

計画前

挑戦者求む!! 5.3

今年も「第2回のんびり暮らしの家」学生コンペの

審査員をすることになりました。ということで、

ご案内になります!!

 

 

テーマは「平屋 〜つなぐ家〜」です。

 

 

家の中で過ごすことが多くなり、

住まいについての考え方、働き方、暮らし方、

生き方などこれから大きく変わると思います。

より設計者が必要になる!そんな気がしています。

 

ちなみに金賞10万円、銀賞5万円、銅賞3万円、

特別審査員賞は景品があります。

 

各大学が閉鎖している状況なので、

今年は応募数が減少するかもしれません。

賞金狙いでも、腕試しでもよしです。

学生の方が見ていたら、挑戦してみてください。

 

「第2回のんびり暮らしの家」設計コンペ

http://www.ono-k.com/event/event_competition.html

食卓にオススメのパスタ! 4.24

コロナの影響で外出自粛が続いていますね。

お出かけ好きは(といっても弾丸が多いのですが…)

家でじーーーっとしています。

休日は図面を描く、プランを考える、本を読む + コーヒーです。

 

家で家族が心地よい時間を過ごせる、

これは住宅設計において常に考えていることです。

身の周りの空間、窓から見える景色、いつも座る椅子、食卓。

家族で一緒に食べる食事も楽しみにのひとつです。

今は特に美味しいものが食べたくなりますよね!

 

私も先日わらび餅をポチリ、とWEBで…。

5年前に設計した「pasta sorriso」でもイタリアの

家庭料理である具入りパスタを販売しています。

 

ラビオリ、トルテリーニ、タリアテッレ、

どれも簡単に調理できる美味しいパスタたちです。

 

この機会に、是非お召し上がりください。

ちなみに、我が家ではラビオリが人気ですね!

 

Pasta sorriso -生パスタ工房&農家イタリアレストラン-

http://shop.p-sorriso.com/

 

 

左上:トルテリーニ / 左下:ラビオリ

photo:pasta sorriso

スッキリ煙突 4.20

先週末、久しぶりに現場へ。

テレワーク導入でも現場だけは確認しにいきます。

職人さんもしっかり意識してマスクをされ、

距離を保ちながら作業をされています。

車で向かい、車中一人で食事する。

今できることを精一杯する!のみです。

 

外壁仕上げ、FIXガラスも取り付き現場も大詰め。

残すは仕上げ工事です。

 

ついに煙突も!

屋根の縦ハゼとの取り合いもスッキリ。

憩暖さんの煙突は本当にきれいです。

 

吹き抜けのFIXガラス

縦ハゼ葺きと煙突

【テレワーク実施のお知らせ】 4.4

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、

2020年4月6日(月)から当面の間、

テレワークを実施いたします。

 

お打合せや設計監理業務につきましては、

これまで通り対応して行きますので、

ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

洛西の家 竣工 4.4

先日、洛西のO邸が竣工しました。

少し修正もありますが、年度内に完成できました。

皆さまお疲れ様でした!

 

高齢夫婦が生活する、

20坪+αの小さな方形の家です。

 

設計チェックに追われ、

すっかり撮影を忘れていました。。。

写真は新緑の頃までお預けですね。

住宅地に新しいカタチを!

連休の初日に上棟! 3.22

連休初日、モデルハウスが上棟しました!

と言っても弊社の!ではなく、

建設会社のモデルハウスです。

 

「和モダン」をテーマにした木造2階建。

施工者と設計者が打ち合わせを重ねて、

これからの住まいについて考えた住宅です。

 

夏の竣工目指して、えんやこら!

洛西の造園工事 3.16

3月は何かと忙しく、つい忘れていました。。。

洛西O邸は少し前から造園工事に入っています。

おなじみ、造景房吉の岩村さん。

 

今回は敷地が狭く庭スペースがとれません。

だからこそ、敷地の余白に少しでも緑を!!

庭は日々の暮らしに彩りをあたえてくれます。

 

完成も間近です!

 

アオダモ と イスの木

内部枠廻り打ち合わせ 2.29

監督さん、大工さん2人と現場打ち合わせ。

この日は枠廻りについて。

 

枠廻りとは窓や入口などの開口部枠のことです。

木製建具の詳細な納まりを設計図面で伝え、

いつも現場の意見を交えて決定します。

地域の気候や材料によって加工も変わるので、

いつも勉強になります!

 

屋根の板金も進み、骨格が見えてきました。

隙間を縫う配線 2.24

電気屋さんの配線にはいつも関心してしまいます。

ルート、位置出し、線の束ね方など、

隙間を縫うように配線してくれます。

 

いつも無駄なく設計してしまうので、

細かな隙間しか残されていませんが、

配線ありがとうございます・・・。

スイッチやコンセントの位置も建主さんと最終確認。

 

さて、M邸の大工工事は内部下地、枠工事へ。

今年は気候も良く、現場も順調に進みます。

小屋裏からの配線ルート

スイッチの配列、照明の位置確認

柔らかな板目 2.9

洛西のO邸へ行ってきました。

 

今回の外壁は久しぶりに杉板です。

杉の柔らかい板目が伝わるように、

自然塗料だけを木材保護で塗っています。

 

最近、杉材の表情が好きです。

 

与謝野の家へ 1.28

メンテも兼ねて週末に与謝野の家へ。

 

竣工して3年が経ち、フローリングの唐松や

造作材の米松も日焼けして飴色に近づいていました。

自然素材は訪れるたびに違った表情をみせてくれます。

 

生後8ヶ月の娘さんも床の節が気になり、

触ってみたり、叩いてみたり、ゴロゴロしたり、

柔らかい手で木に触れている様子を見ていると、

素材は大切だと身にしみるように感じます。

 

 

さてお仕事、棟梁の千原さんと一緒に、

家をチェックしながら使われ方を観察。

ダイニングやリビングも気になりますが、

玄関収納、パントリー、キッチン廻りがどう使われているか、

実は裏方が一番気になります。

 

奥さんも「自由に開けてくださいね」と。

・・・早くも観察がバレる。

「では遠慮なく!」とあちこち開けてみました。

どこもきれいに使われていて、まだ空きスペースもある。

何より丁寧に使ってくれているのが嬉しいですね!

 

吹き抜けでは、、、

我が家のように走りまわりボールで遊ぶ娘たち。

そして建主、さらに背後で微笑む棟梁。

冷静にみると不思議な絵です。

 

「子どもは吹き抜けでこう遊ぶんだ」また奥さんの一言。

そうなんです!吹き抜けは立体的に遊べる楽しい空間なんです!

娘さんも小学生くらいになるとこんな感じで遊びます。笑

 

たまたま同行した我が娘たちが、意外な活躍をみせてくれました。

 

気がつけば滞在4時間。

有意義な時間で、つい、長居してしまいました。

 

珍しく、長いブログを書いてしまった。

娘たちと建主と棟梁。

ついに上棟!! 1.26

グラフィックデザイナー夫婦のこだわり住宅、

ついに、ついに、上棟しました!!

 

デザイナーが3人も集まると、

なかなか前に進まず、気がつけば設計も長期戦!

デザイナーとしてのプライドもあり、

考え方や好みの違いがありますが、

ものづくりが好きなことは同じ。

3人で暮らしやすい住宅を目指して打合せを重ねました。

今のところ弊社で最もなが〜い設計期間です。笑

(すでに懐かしく感じますが・・・)

 

そして、上棟した姿に誰もが感動!

のびやかな屋根が出迎えてくれ、

安心感と高揚感が一度にやってきました。

 

忙わしない時代ですが、

こだわり抜くために設計期間を延長していただき、

本当に感謝しかありません。

 

これからの現場も楽しみです。

 

 

 

 

走る男 1.12

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

 

今年は、”一歩一歩ゆっくりと”がテーマ。

ジョギングのようにゆっくり走り続けることで、

普段見えていない景色や、

新しい出会いがあると思います。

設計もまだ見ぬ世界に期待しつつ、

一年を楽しみたいですね。

 

さて!今月は年賀状をデザインしてもらっている、

グラフィックデザイナー夫婦の住宅が上棟します。

まずは上棟目指して一歩ずつ!

上棟予定のグラフィックデザイナーの住宅(M邸)

 

2019年仕事納め 12.28

今年も仕事納めです。

ありがたいことに忙しく充実した1年でした。

年明けは春の竣工を目指してスタートです!

現場の皆様、本年はありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します!

 

※事務所は12月29日〜1月5日までお休みとなります。

M邸基礎

シンプル 12.7

弊社が設計したSeisが、

「第1回京都の木の家づくり表彰作品」にて、

最優秀賞(京都府知事賞)を受賞しました。

また、等持院の家も奨励賞を頂きました。

 

木材関係の専門家7名による審査委員会により、

木材利用面、建築技術面、京の木の文化の3つから

審査していただいたようです。

 

審査委員長である髙田光雄先生から、

「シンプルな建物ながら丁寧に設計され、

京都府産材を活かした、利用者にとって気持ち良い建築のモデル」

とコメントを頂きました。

 

設計としてはあまり気にしていませんでしたが、

確かに構造や空間も非常にシンプル。

評価されることで客観的に捉えることができました。

 

建築に携わっていただいた方々に感謝致します。

ありがとうございます。

また難しいことをお願いするかもしれませんが、

皆様よろしくお願い致します。。。

 

自分ご褒美にロトス洋菓子店でエクレアを購入。

かたちもシンプルですが、

濃厚なキャラメルと生地が口の中で絡まり、

素材の良さがそのまま活かされている。

美味しい!!

 

素材を吟味すること、その良さを活かすこと、

建築にもあてはまりとても勉強になります。

 

”シンプル"という言葉は言葉以上に難しく、

そこにたどり着くまでがとてつもなく長い。

本当に奥が深いですね。

 

最優秀賞(京都府知事賞)

奨励賞


平屋の現場 12.3

M邸の地盤改良がはじまりました。

大空と水田、田舎育ちの私には落ち着く環境です。

 

今回も木造平屋です。

方形、片流れ、切妻屋根と気がつけば平屋の現場が3つになりました。

年内に基礎工事を終え、年明けの上棟を目指して進んでいきます。

 

師走、ガンバリマス!!

風穴をあける 11.16

今日は上棟した住宅で工務店さんの企画で設計セミナー。

少し前ですが、西京区の洛西にて上棟しました。

 

ストーブにあたりながら、木造の軸組を見ながら、

なかなか斬新で面白い企画でした。

地域の方も交えて洛西の住宅地開発された敷地で、

これからの平屋住まいについて話してきました。

 

どこかで見たことが、、、と思っていると、

やはり、三木由也さん!!

なんでもお近くに住まれているようで、

足を運んでくれました。ありがとうございます。

 

同じような2階建てが建ち並ぶ住宅地に対して、

平屋でコンパクトに住まうことを提案。

 

街並みを考えることも大切ですが、

その背後にある山が通りから眺められること!

アイレベル景観を大切にしたいですね。

 

住宅地に新しい風が吹けばいいな。

 

 

手前のバス停付近:道路から山が見えない

手前のバス停付近:平屋にしたことで、道路から背後の山が見える。

ブルーシートの先は並木道(お楽しみに)

コンディション 10.20

今日、第6回花背トレイルランへ参加してきました!

全治3週間の大腿直筋(太もも)の肉離れ中の強行出場。

実は2週間前の区民運動会のリレーでやってしまいました。

20代の気持ちでおじさんが走るとこうなります。。。

 

今週になりようやく歩けるようになりましたが、

ドクターからは練習禁止令を出され、

ぶつけ本番でなら出場してもよいと。

「無理をせず、異変を感じたらリタイアすること!」

と約束付きでした。

 

先生、太ももの筋力を使う前に、

2週間の絶対安静からの運動で、人生で初めて両足をつりました。

結果は、予想通り本来の走りができず後半はほとんど歩きでした。

あと30分は早くゴールしたかった!

 

今回は直前での怪我でしたが、

レースに向けコンディションを整えることは大切ですね。

これは設計の打ち合わせでも同じだな、

と山を歩きながら自分と会話。

 

来年はリベンジしなくては。悔しい!

ショーン・タン! 10.13

午前中に打ち合わせを終え、久しぶりの休日。

ずっと行きたかった『ショーン・タンの世界展』へ。

圧倒的なドローイングと世界観でした。

 

繊細な鉛筆のタッチ、重なり、濃淡、

鉛筆だけで見事に影や光を表現している。

絵の構成だけでなく、物語もとても深い。

 

忙しい毎日で見えなくなっているもの、

大人になって忘れていることを、

彼は絵本の中で観せてくれます。

 

 

明日10月14日までです。

『ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ』

美術館「えき」KYOTO

2019年9月21日(土)-10月14日(月) 10:00-20:00

http://www.artkarte.art/shauntan/

SEIS 9.23

Portfolioに「SEIS」をアップしました。

春に竣工したシネマカフェです。

アメリカ西海岸の建築 9.15

アメリカ西海岸の近代建築調査に行ってきました。

学生の頃以来のアメリカで、久しぶりの英語圏。

慣れない英語はあまり使わず(あまり使えず?)

ただただ建築を見つめてきました。。。

 

数十年前の建築が今も”愛されているんだなー”と。

このような建築を目指したいと胸が熱くなりました。

 

濃厚なアメリカ建築一週間でしたが、現実世界へ戻ります。

締め切り目指して頑張るぞ!

 

SEA RANCH 1965

Moore, Lyndon ,Turnbull & Whitakerr

Sea Walk , Sea Ranch , California

SAN FRANCISCO MUSEUM OF MODERN ART 1995

Mario Botta

https://www.sfmoma.org/

151 3rd Street , San Francisco , California

DE YOUNG MUSEUM 2005

Herzog & de Meuron

https://deyoung.famsf.org/

 50 Hagiwara Tea Garden Drive , San Francisco, California

HOLLYHOCK HOUSE 1921

Frank Lloyd Wright

https://barnsdall.org/tours

Barnsdall Art Park , 4880 Hollywood Boulevard , Los Angeles, California

BRADBURY BUILDING 1893

George H Wyman

https://www.laconservancy.org/locations/bradbury-building

304 South Broadway , Los Angels , California

WALT DISNEY CONCERT HALL 2003

Frank O Gehry

https://www.laphil.com/about/our-venues/

111 South Grand Avenue , Los Angels , California

THE BROAD 2015

Diller Scofdio + Renfro & Gensler

https://www.thebroad.org/

221 S Grand Avenue , Los Angels , California

SCHINDLER HOUSE & STUDIO 1922

Rudolph M Schindler

https://makcenter.org/

833 North Kings Road , West Hollywood , California

EAMES HOUSE 1949

Charls & Eames

https://eamesfoundation.org/

Pacific Palisades , California

GEHRY HOUSE 1978

Frank O Gehry

(Photo:Maaya Kato)

Santa Monica , California

SALK INSTITUTE FOR BIOLOGICAL STUIES 1965

Louis I Kahn

https://www.salk.edu/

10010 North Torrey Pines Road , La Jolla , California

夏の終わり 9.1

さて、夏も終わりですね。

今週末は姫路、信楽、京都とたまたま打合せが重なりました。

 

信楽では打ち合わせ後に少し寄り道。

時間の流れ方、音、空気、街中とは違った風景にほっこり。

田舎育ちには懐かしく、ザリガニやトンボ、クワガタ等を

を追いかけていた少年時代を思い出しました。

 

それにしても、落ち着く風景です。

美しい。

Seis撮影 8.14

お盆仕事第一弾は、春に竣工したSeisの写真撮影!

 

今回も「笹の倉舎」の笹倉さんにお願いしました。今年も35度越えの猛暑日。

(2年連続で夏ばかりすみません。。。)

写真妻のアツコさんに麦わら帽子をお借りし、なんとか猛暑撮影を乗り切りました。

 

夕景待ちの間は、カウリスマキ監督の「希望のかなた」を視聴。

昨年視察したヘルシンキの映画館Kino Andorraで出会ったヌップさんもミルヤ役で出演されています。

(Kino Andorraは6月19日で閉鎖みたいですね)

 

さてさて、夕景。日没前に笹倉夫妻が手際よくセッティング。

二人のコンビネーションを見ていると、あっという間に撮影が終わりました。

 

真夏の撮影後は、おきまりです!中嶋さんに教えてもらった美味しいBAR「MOUNTAIN」へ。

お肉が美味しく、ボリューム満点、そしてビール!!

 

0時を過ぎて再びSeis。昼はCAFFE、夜はBARに変わります。

この日は爆音BARで大音量の音楽を浴びて終了〜

台風前の雲と戦う笹倉さんをパシャ

笹倉夫婦のコンビネーションをパシャ

黒部、室堂、碌山 8.10

タイトルは建築家の名前ではありません。

 

先週末に黒部ダム、立山室堂、碌山美術館へ行ってきました。

親の還暦祝い長野ツアー。お馴染みのひたすら歩く旅です。

これだけ歩ければ、この先も大丈夫だ!と一人で納得。

 

圧倒的な土木建築と標高2450mの大自然、

そして対照的な小さな建築の佇まいと空間に感動。

まだ見ぬ世界がたくさんありますね。

 

しかし、何といっても水!室堂で飲んだ湧水は最高でした。

水がきれいだと食べ物もお酒も美味しいですね。あとお米も。

 

さて避暑地はおしまい。週明けは今年も灼熱の撮影になりそうです。。。

黒部ダム放流

山のような土木建築

なが〜いロープウェイの施工方法が気になる。。。

室堂みくりが池

子どもでも歩けるハイキングコース(無心で撮影する妻と娘)

室堂小屋(日本最古の山小屋らしい)

今井兼次設計の碌山美術館

タラブックス 7.28

南インドの小さな出版社、タラブックス。

スマートフォンで本を購入できるけど、この本ばかりは触ってみないとわからない。

 

手漉き、シルクスクリーン印刷、手製本、そして本の中の世界観、伝統と文化がつまっている。

本を開くとほのかに漂う匂い。こんな絵本があったんだ。。。感動しました。

こんなふうに建築をつくりたいな。。。

 

昨日は、京都で開催されたミニ展示・トークイベントに参加。

「ロンドン・ジャンブルブック」ができるまでのエピソードは

作家の心の中を覗いたようなサイドストーリーでした。

 

6月25日〜8月18日まで細見美術館でも、「世界を変える美しい本」の展覧会を開催中です。

ものづくりが好きな方にはオススメです!

 

先日竣工したSeisにタラブックスの本が売ってます。私もここでこの本に出会いました。

京都府北部の方、舞鶴でタラブックスの本に触れられますよ!

Seis内覧会 7.6

春に竣工したSeis(セイス)の内覧会初日が終わりました!

朝から夕方まで、多くの方が途切れなく遊びに来てくれました。

ありがとうございます!

 

20時からは、「ミツバチのささやき」が上映され、ようやく完成した!と実感できました。

上映作品と建築が融合したこれからのSeisが楽しみです。

  

まだ竣工写真はありませんが、先日、店主と一緒にオープン前の2ショット写真を撮りました!

映画、音楽、カフェ、BARがミックスされたシネマカフェ。来週からオープンします!!

等持院の家 6.30

ホームページに「等持院の家」をアップしました。

 

ご主人の「ソファをおいても床に座りそうです。」の一言から、全て座敷のプランが生まれました。

 

床座生活でお育ちの夫婦のために、現代の開放的な住まいを目指して設計しました。

 

個人的にも住宅地でうまく囲いと開放性を創れたと思います。借景さまさまです。

ハーフリレーマラソン5位! 6.29

ハーフリレーマラソンの結果報告です。

 

娘の友達のお父さんに誘われたハーフリレーマラソン。

子ども、親、友人のチームで10位以内が目標でしたが、まさかの5位!(逆に悔しい・・・)

 

表彰台は逃しましたが、元陸上部(短距離)35歳に火がつきました。

 

次はトレイルランで武者修行。来年は表彰台を目指し、おじさんは頑張ります!!

学外授業 6.22

今日は学生たちと一緒に龍安寺石庭へ。 

 

10年程前に訪れた時と庭の捉え方が違っていて、自分でも驚きました。観方って変わるんだなー。

 

騒いでいた学生たちも徐々に空間にのみこまれ、ほっこり、まったり、ずっとここに居たいです。。。

が、学外授業はまだ続きます。

 

次は先日竣工した住宅へ。建主様のご好意で学生たちも見学させてもらいました。

 

百聞は一見に如かず!!

 

私自身の住宅設計を現場でプチレクチャー。その後は京田辺で打合せ、と今日はなかなかのフルコースでした。

 

さて、明日はリレーマラソン。目指せ自己ベスト!

やる気!元気!森脇健児!

龍安寺石庭

I邸の中庭(京都)

姫路の地鎮祭 6.15

締切ラッシュに追われ、6月も半分終わってました。

 

すこーし前になりますが、姫路にて地鎮祭がありました。何かとご縁のある姫路です!

 

事務所スタッフのようになっている、アルバイトのU君も地鎮祭に初参加。

神社へ職場体験中の地元女子中学生も参加と、賑やかでフレッシュな地鎮祭になりました。

 

その後は、パスタソリーゾでお食事。仕上の雰囲気を見てもらって、最終の打合せ。

 

まだ決定できてないところもありますが、のびやかな屋根のかかる住宅が楽しみです。

祝5年! 6.1

気がつけば6月。

昨日もブログを更新したのに忘れてました!実は5月で事務所開設5年!!

 

住宅設計を主としている事務所で修行をしたので、”住宅をやるのかな〜”と考えていましたが、

初めての仕事がパスタ工場!

 

 

独立第1弾が施設ということもあり、改修工事も含めて5年間で施設6つ、住宅3つを設計させて頂きました。

 

設計した店舗ではいつも同じことを言われます。「居心地が良いのか、長居されるお客様が多いです。」と。

 

「回転率には向いていませんね、リピーター向きですね!!笑」

 

と答えてます。いつも心地よい空間を創りたいと考えているので、

住宅のように設計してしまうクセかもしれません。。。

地域の人たちのサードプレイス向きなのかな??と冷静に考えたりしてます。

 

現在進行中は住宅設計が多いのですが、施設やデザインオフィスの計画も進めています。

次の5年間も楽しみですが、5年後は40歳か!!

のんびり暮らしの家 5.31

近畿圏の建築学生を対象とした、第1回「のんびり暮らしの家」設計コンペの審査員をすることになりました。

 

テーマは「木の良さを活かした美しい家」です!

 

このブログを学生が見ているのか??とボヤキながらも案内しておきます。

近畿圏の学生の皆さんお待ちしています!

 

詳しくは下記のサイトへ

第1回「のんびり暮らしの家」設計コンペ

 

地域の形 5.11

4月末に舞鶴市での店舗が竣工、

GW明けに与謝野町の四辻で住宅が上棟しました。

年にひとつずつですが、京都府北部での仕事が続きます。

与謝野町は切妻瓦屋根の家が多く連なるエリアです。

この住宅も切妻屋根。地域の形を継承します。

台湾の旅 5.5

GWは家族で台湾へ!

年末に航空券を抑えたにもかかわらず、

行き先を決めたのは4月末の直前。

 

高雄、台南、台中、台北、九份と南から順に北上してきました。

初日からアジア特有の高温多湿で気温31°、湿度90%以上。

もちろん汗だくです。。。

子どもには酷な気候でしたが、

フィールドワーカーによくついてきてくれました。

 

街歩きには食がつきものですが、

どこで食べても美味しいものばかりで、暴飲暴食の毎日でした。

そして、短期間で驚きの体重増。。。。。。

 

そんな台湾のおすすめをパシャと紹介します。

高雄:駁二芸術特区・大義倉庫群

旧倉庫群がリノベーションされたアートスポット。

屋外のアート作品を探すのも楽しみにのひとつ。

高雄:果貿社区

円筒形の古い軍人専用の集合住宅。

一階には様々な商店が並び、住民の日常がチラッと。

台南:藍晒図文創園区

旧官舎をリノベーションした複合施設。

長屋には雑貨や飲食店等が並ぶ。

台南:正興街付近

道に迷って遭遇したディープスポット。

偶然は旅ならではの楽しみ。

台中:台中国立歌劇院

垂直方向へ建物が伸びるエリアに現れた白い洞窟建築。

柔らかな空間が都市に変化を与えてます。

台中:耕讀園書香茶坊

高層ビルが建ち並ぶエリアに突然あらわれる木造建築。

筍香東坡肉(豚の角煮)が絶品でした。

台北:龍山寺

庶民が信仰する台北最古のお寺。

地元の方を真似て参拝。

九份

言わずと知れた名所。

とにかく人、人、人。すでにテーマパークでした。

 

ラインとリズム 4.13

打合せ後に京都I邸の現場へ。

いや〜板金がきれい!!

軒裏もきれいな材料でしたが、今日は板金ですね。

屋根廻りをぐるりと確認し、庇廻りもぐるりと。

ツマミ具合といい、ラインがシャープ!

つい板金ばかりに目がいきましたが、

大工さんもすごく丁寧でした。

下地ピッチもリズムよくラインがでてました。

建築はラインとリズムですね。

夕景チェック 4.4

現場も終盤、照明チェックです。

夕景を確認していると、もうすぐお別れだな。。。

と、寂しい気分になります。

今回は造園も手伝えず、最終日に石組みするだけ。

戦力になれず申し訳ない、岩村さん。

3人の恩師 3.24

佐々木葉二先生退任記念講義へ。

学生時代の気分で直心館J41へ行ってきました。

大学院時代、建築分野の私もゼミに参加させてもらい、

佐々木先生から多くのランドスケープデザインを学びました。

懐かしいけど、どこか切ない気分で講義を聴き、

学生時代のように先生の言葉が染み渡りました。

 

先週は恩師である前田博先生の送別会へ行きました。

同じく、大学院時代に前田先生のゼミにも参加していました。

住民参加のワークショップからのまちづくり、

条例や協定の作り方、サイン計画など、

デザインで街を変える手法を教わりました。

 

そして、建築に対する姿勢や設計のイロハ、

私を設計者の一人として導いてくれた横内先生。

いつも大きな背中と大きな手で教えてくれました。

 

多くに先生方のおかげで今の私が存在しています。

建築、地域、ランドスケープ、大学時代に学んだ

環境デザインが今の設計でも基盤となっています。

 

ご退任はとても寂しいですが、

先生方には感謝しかありません。

ありがとうございました。

佐々木葉二先生退任記念講義

花束を贈呈する横内先生

送別会での前田先生

保育園のインテリア 3.16

急ピッチで進めていた小規模保育園の改装工事が終わりました。

園児たちのロッカーや上着掛け、手洗いなど、

インテリアを中心にデザインしました。

春までに間に合って良かったです!!

引き染め工房へ 3.3

すこ〜し前になりますが、

引き染めをしている大学時代の友人に会いに行きました。

 

今進めているプロジェクトの最終仕上げで、

何を選んでもしっくりこない。。。

ふと、愛用の手染めバッグが目にとまる。

「これや!!」

 

ということで友人の工房common-bridgeへ。

初めての試みのようですが、快く引き受けてくれました。

 

何か気になりますよね?お楽しみに。

 

common-bridge

https://www.commonbridge.jp/

 

common-bridge

生地を張る構造が美しい

愛用のバッグ

ラストスパート 2.17

今年の現場は雪積もらず。。。

こういう年は2月末や3月にドカ雪がきそうで怖いです。

 

さて、内部は下地や配線工事に入っています。

現場もあとひと月!春のオープン目指して頑張ります。

 

復活!ロッキング座椅子 2.2

建主さんと坂田卓也製作所へ行ってきました。

まずはデシ君とふれあい、本題の生地選びへ。

 

坂田さんが7年ほど前に製作された、

ロッキング座椅子を復活してもらいました!!

ラインナップにも入れていただきたい名作です。

 

今回はお店ということで生地をカラフルにしました。

他にもたくさんの椅子を予定しています。

楽しい生地選びはつづく・・・

 

坂田卓也製作所

http://sakatatakuya.com

 

デシくん

https://www.instagram.com/deshiyosiyosi/

黄色、緑色、水色、3人で悩んだ紫色

ロッキングだけに、、、、

1.5ミリの積層、しびれます

カンテ〜レ 1.19

3年前に設計した生パスタ工房&農家レストラン、

Pasta sorrisoが関西テレビ「よ〜いドン!」の

産地の奥さんごちそう様!に出演されるようです。

 

「姫路から農業を発信したい!」と話されていた言葉を思い出しました。

大根を使ったイタリアンレシピが紹介されます!

是非、ご覧ください。

 

1月21日(月)10:30〜 

 

関西テレビ「よ〜いドン!」

https://www.ktv.jp/yo-idon/

 

Pasta sorriso生パスタ工房&農家レストラン HP

http://p-sorriso.com/

新年の現場 1.12

あけまして、おめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

新年の現場は金物検査からスタート!

エス・キューブの上島さんといざ舞鶴へ。

幸運にも今年は積雪がなく順調に現場が進んでいます。

 

六角形の棟をどう納めるか、、、

この地域の風土をよく知る板金屋さんと棟で打ち合わせ。

その後は、金物検査と詳細部分を確認し本日の業務は終了。

 

帰りは舞鶴のとれとれセンターでサバの桜干しを購入。

現場帰りの寄り道がクセになりそう。

上棟にて仕事納め 12.29

年末の大寒波前に無事上棟しました!!

 

普段、トンボ鉛筆とカッターしか持たない私は、

建主さんと一緒に見守りました。

 

六角形の棟上げは緊張感がありましたが、

予想以上にスムーズで驚いてしまいました。

大工さんのチームワークに脱帽。。。

 

さて、その後は予定位通りの大寒波!

積雪のある地域なので、天候を読み間違えるとひと月遅れることも。。。

工務店の工程も見事です。

 

本年はこれにて仕事納めになり、年明けは1月7日からになります。

来年もよろしくお願いいたします。

軽やかに桁を歩く大工さん

隅木とかぶら束を一体で納めて棟上げ

六本の隅木が集まる棟、職人さんも集まる

隅木トラスの仕口

師走、走ります! 12.12

気がつけば12月中旬、師走。走り回っています!

 

そんな先週末は地鎮祭でした。

京都の住宅地に計画している土間あり中庭ありの住宅です。

来年1月からの現場が楽しみです。

 

地鎮祭の後は、学生を連れて万博公園内にある国立民族学博物館へ。

ちなみに次の日は極寒の長浜で学生とまち歩きしました。

そういえば、先々週は江戸東京たてもの園に・・・学生と。

 

家族におこられそうです・・・

京都I邸 地鎮祭

太陽の塔

江戸東京たてもの園 前川國男邸

配筋検査 と 加工打合せ 12.2

エスキューブの上島さんと配筋検査へ。

きれいに配筋されていて給排水も確認できました。

 

検査後は工務店の工場で加工打合せ。

今回はプレカットではなく、すべて大工さんの手刻み加工です。

刻みやほぞ位置の確認、上棟に向けて組み方等を考えていきます。

今回は横架材をすべて105×150に統一して、

流通している材料を用いて木構造を完成させます。

 

年内、雪が降らないことを祈ります・・・

大村社長と現場監督の宮城さん

105×150の横架材たちが並ぶ

今回も「与謝野の家」の棟梁、千原さん

よろしくお願いします!

放射状の位置出し 11.24

少し前になりますが、現場にて仮の位置出しをしました。

中心のあるプランなので、放射状にラインが引かれます。

今回は三角形からプランニングをして形や寸法を決めましたが、

現場でも同じように三角形が作られていきます。

設計も現場も同じですね。

建築デザイン製図 11.5

昨年から手がけていた製図の教科書が学芸出版社より出版されます。

 

京都橘大学の松本先生を中心に同大学の政木先生、

大阪府立大学工業高等専門学校の鯵坂先生と4名で執筆しました。

 

「創造的な空間デザインの図面表現」に主眼を置いた実践的な製図の教科書です。

設計のワンポイントや基本的な図面の製図手順を徹底解説してます。

他にもパースや模型テクニック、プレゼンテーションまで学べる内容の濃い一冊です。

日本初!学習到達を客観的に評価できる「ルーブリック」も導入しています。

 

ありそうでなかった実践的な教科書!

11月10日から書店に並びますので、是非手にとってご覧下さい。

 

「建築デザイン製図」学芸出版社

http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2691-7.htm

 

編著者:松本正富 

著者:政木哲也 鯵坂誠之 半海宏一

アルバイト募集中! 10.28

現在、住宅や店舗、小規模施設を計画しており、

模型製作などを手伝ってくれるアルバイトを募集しています。

模型製作が好きな方、ものづくりに興味のある方はご連絡ください。

 

応募資格:Vectorworksが使用できること

勤務時間:平日10:00-18:00 週3日以上勤務(1週間の研修期間あり)

     ※半日勤務を希望される方は要相談

業務内容:図面・模型製作

応募方法:氏名、年齢、連絡先を明記の上、メールして下さい

 

ル・ポン国際音楽祭2018 10.14

ヴァイオリン奏者の樫本大進さんが音楽監督されている

「ル・ポン国際音楽祭2018」に誘われ、書写山圓教寺へ。

 

小鳥のさえずり、葉ずれ、太陽の光。

屋外でのクラシックは音が背後に抜けていく、

風のような音楽でした。

 

青空の下ってやっぱり気持ち良い。

 

軒先のリズム 10.7

旗竿敷地に並ぶ二棟の住宅。

この地域はとっても、とっても暑いのです。

深い軒内空間が暑さを遮り、軒先の連続がリズムをつくる。

 

左:基本設計案の模型 / 右:屋根ボリューム再検討の模型