天橋立ビューランド・モノレール山麓駅 / Monorail station of Amanohashidate view land

Photo©Yohei Sasakura

改修前(手前:木造、奥:鉄骨)

既存躯体(朱色:既存、えんじ色:増築)

改修後


天橋立ビューランド・モノレール山麓駅 / Monorail station of Amanohashidate view land 

モノレール山麓駅の大規模な増改築工事である。観光施設であり運休ができないため、既存プラットホームと躯体(骨組)だけを残して工事を行い、増築部分で現行法にも適合させるよう一体構造で計画した。主要な構造部材は鉄骨、二次的な構造部材に木を用いることで大空間と空間の柔らかさを可能にしている。雨、風、雪など日本海側の気候変動に対応できるように1階には片持ちの下屋を差し込んだピロティ空間がある。

It is a large-scale renovation work of the monorail station.Because it is a tourist facility and can’t be closed, we did construction work leaving only the existing platform. Planned with one structure to adapt to the existing law in the extension part.The main structure uses steel frames, the secondary structure uses wood, creating a rustic atmosphere even in large spaces. In an open space with a roof, it is possible to cope with sudden climate change on the Japan Sea side such as wind and rain and snow.

所在地  :京都府宮津市

用途   :モノレール駅舎

規模   :鉄骨造2階建

延床面積 :299㎡

施工   :山寅組

構造   :S3Associates

造園   :造景房吉(岩村陽一郎)

サイン  :KAMOGUMI DESIGN

     (松本圭介)

写真   :笹の倉舎(笹倉洋平)

竣工   :2018.4

http://www.viewland.jp